猛暑に豪雨に、今度は地震

毎日40℃超えが続出する記録的な猛暑の次は1,000㎜を超える豪雨と、何れも数十年に一度とか記録上初とかいう大災害が交互に現れ、そろそろ終わりかと思えば今度は巨大地震、それも北海道で!

今迄北海道で大地震なんて聞いた事もないし、いやそんなに大きくなくても中程度だってあまり覚えが無いくらいだ。その地震の震度も最大6強と言われていたのが、いつの間にか最大震度7に変わっている。まあ災害状況の映像を見る限り本当に6強でこんなになるの? という位に山肌の色が変わるくらいに辺り一面の山崩れとか、何だあこれぁ~、という位だ。

気象庁では次の地震も警戒するようにと言っているが、余震と言わずにそれ以上の規模のような警告もしているし、もしかして誰か第2段を計画してないかぁ? そう言えば熊本でもそんな目にあったっけ。、

今現在北海道では鉄道が動いていないようで、経済活動は全く停止しているのだろう。そして大阪では国際空港は当分使用不能だし、北海道以上に甚大なる経済への影響があるのは間違いなく、日本を潰す気かぁ~! という状況だ。

こうなると、何処かで誰かが何かやらかしているんじゃないか? という陰謀論的な考えが脳裏をかすめてしまう。大体逆行する台風なんてボケ老人の高速運転じゃああるまいし、有り得ないだろう。地球の自転に逆らう台風って。

コメントを残す