カリフォルニア森林火災

日本のマスコミは殆ど報道しない事や、カリフォルニアと言われても大して興味も無かったり、そこまで手が回らない等・等で余り気にしていなかったが、いやこれは大変な事態だと気付いたのが最近の事だった。
それで慌てて調べて見たらば、この火災が始まったのは何と8月の事だった。下の図を見ると8月7日現在カリフォルニア州全域で30か所位で火災が発生していた事になる。

WPPhto181203-1.jpg

そしてこの山火事の異常性は数多くの写真がネット上にアップされているが、その一つを見ると特定の家だけが丸焼けとなっているが、隣の家や木々は全く無傷となっている。こんな山火事何てある訳も無い。

WPPhto181203-2.jpg

では何かと言えばレザー兵器でのピンポイント攻撃というのがネット上で言われているが、それに関しては下のような写真が大量に出回っている。

WPPhto181203-3.jpg

しかし写真だとイマイチ伝わり難いし、若しかして合成写真では?何て事も思ったが、下の動画を見ると上空から一瞬の鋭い閃光が照射されて、直後に炎が噴きあげている様子が良く判るし、その画像は明らかに一般市民が携帯で撮ったモノと判るから、プロが金を掛けた特撮では無さそうだ。こうなるとレーザー兵器攻撃を陰謀論だ等と言っている場合では無い。これが兵器で無かったら一体何だと言うのだ。

そしてこの兵器はDEW (Direct Energy Wepon) という名称もあるし、既に特許も出願されているようだ。

要するに政府に反対するなど邪魔な相手をポンポイントで家ごと一瞬で焼き払う事が出来るという、トンデモナイ事が可能なのだ。そしてここまであからさまだと、流石にメディアも知らん顔する事も出来ずに、大手のニュースソースも報道を始めたようだが、原因等については全く判らないとしているという。そりゃそうだ。あれはレーザー兵器ですとは言えないからなぁ。

これぁ近々日本でも同様な事が起こるのだろうか?

コメントを残す