韓国軍艦艇が自衛隊機にレーダー照射

防衛省によると20日に日本海で警戒監視のために飛行していた海上自衛隊のP1哨戒機が、韓国軍の艦艇から射撃管制用のレーダー照射を受けていたことが判明した。

詳細は現時点では判らないが、これって要するに敵対行為であり、国交断絶になってもおかしく無いくらいだ。このところ募集工問題での挑発など韓国は日本と戦争でもしたいのだろうか? こうなりゃ竹島奪還作戦でもやるようだ。竹島は日本の領土であり、それを取り返すのは立派な防衛行為だから、憲法にも違反しないのではないか?

しかしその韓国海軍には史上最強の揚陸艦「ドクト」がある。なにしろその性能の良さは
レーダーの反射波でゴーストが出るので、架空の敵がウジャウジャ出てくる。
自動式の防御兵器は認識した全ての航空機を自動で攻撃するために、自国の航空機も攻撃してしまい、ドクトの甲板上のヘリも攻撃を受けてしまった。
揚陸艇を収容すると後部のエレベーターが使用不能になる
という素晴らしさで、詳細は本編の日記特別編を参照されたし。

まあゴーン事件にしろ、フランスの黄色いベスト運動にしろ、そしてファーウェーの経営者の逮捕にしろ、何やら突然世界の情勢がきな臭くなって来たのはどういう訳だろうか?

来年は新天皇も即位するが、新しい時代はどっちに転ぶか判らない。

何れにしても大きく時代は変わるのは間違いない。

コメントを残す