米国カーオフザイヤーは韓国車!

1月14日に発表された 2019北米カーオブザイヤーを受賞したのは、ヒュンダイの高級車ブランド “ジェネシス” の G70 だった。しかも同じくSUVオブザイヤーを受賞したのもヒュンダイのコナという2部門を韓国車が制覇した結果となった。

え~っ、何か変じゃねぇ? と思うのは普通の日本人なら当然で、ヒュンダイと言えばリコール出しまくりや、雨漏りする等の品質管理最悪イメージなのに、カーオブザイヤーって??

因みにこれらのクルマの概要は本編の日記にて。
2019/1/17(Thu) Genesis G70 (2019)
2019/1/19(Thu) Hyundai Kona [US] (2018)

それで世間の評判を調べてみると、お膝元の韓国でも金で買ったに違いないという意見が多くを占めていて、成る程マトモな韓国人なら当然気が付いているのだった。このマトモな韓国人の割合が判らないが、あの国は親日と断定されると刑務所行きになったり、社会から葬られるそうで、そんな中で匿名のネットで頑張っている人もいるのだろう。

ところで、この手の買収なんて今や韓国だけの話ではなく、日本のカーオブザイヤーだって選考委員には接待攻勢とかは有名な話だし、更にその選考委員も何だかクルマをまともに評価できそうに無いメンバーが入っていたりと、決して他国の事は言えないのだが、それでも今回の米国の結果は妙だ。

そう言えば、以前に女子フィギュア―スケート界を韓国が牛耳ってしまい、どう考えても3流のキムヨナが超絶天才的演技の浅田真央より点数が良いという現象があったのを思い出した。しかし日本人でも馬鹿な韓流オンナ等はキムヨナの演技は優雅で素晴らしいと本気で思っているのだった。と言う事は大した事の無いモノに金をバラ撒いて、如何にも世界一だと下流の庶民を洗脳するのは、韓国の得意のパターンだったのだ。

でも、まあ、これは日本でも同じような事をやっているので、偉そうな事は言えないが‥‥。例えば日本が誇る世界的ミュージシャンで欧米で大変な人気と騒いでいるX何とかいうロックグループ何て、ライブビデオを見たらド下手なのにぶっタマゲルるし、目茶目茶なフォームでドラムを叩きまくって首の骨を痛めたりと、殆ど高校生のアマチュアバンド以下‥‥ってな例もあるし。

そう言えばあのグループの名前はXではなくて “バツ” と思えば、”バツ日本” という事になり、お前ら本当に日本人かよ? って言いたいくらいだ。と思って調べたら下の写真が。

WPPhto190118-11.jpg

あっ、まあ、今の時代うっかりした事を言うとマイノリティーを誹謗したとしてヘイトスピーチとか言われるので、これについては何もコメントしない事にしよう。

コメントを残す