北朝鮮工作船のプラモデルがある?

韓国軍艦による自衛隊哨戒機へのレーダー照射とロックオンに関して、俄かに浮き出てきたのが北朝鮮工作船の問題だ。その工作船のプラモデルがあるという噂があり、早速調べてみたら、下ような写真が結構出ていた。

WPPhto190129-3.jpg

しかし良く見れば右の絵はタミヤ模型のマークがあるが、このパッケージはアオシマのものだし、もう一つ(左)の方も何だか怪しい。要するにこれは誰かがパロディーとしてネットに挙げたものがアチコチに拡散されたのだろう。それにしても如何にもプラモデルの箱のイラストっぽいのが笑えるが、この作者の実力は相当なものだ。

それで、他に工作船の絵が入ったプラモデルは無いかと思って更に調べてみたら、今度は下の写真が見つかった。みたところアオシマの700分の1シリーズの外箱のようで、内容は海上自衛隊の護衛艦のプラモデルのようだが、そのイラストをみると後部からミサイルが発射されている。そして護衛艦に左遠方に小船が見えるが、これがミサイルの標的のようだ。しかもこの小船は如何見ても北朝鮮に工作船に見える。

WPPhto190129-1.jpg

それではこのモデルの内容はといえば下のように、同型艦である「おおたか」と「あしがら」のセットになっいるが、ややっ?もう一つ小船が付いている。おおっ、これぞ正しく工作船だ。そうかぁこの青島文化教材社 1/700 ウォーターラインシリーズ 海上自衛隊 ミサイル艇 おおたか しらたか プラモデル 018にはオマケとして工作船が付いていたのだ。

WPPhto190129-2.jpg

上の写真はプラスチックの素材色なのでイマイチそれっぽく無いが、塗装すればまた雰囲気は変わって来るだろう。

価格は千円強と決して高くは無いので、冗談で買って見るのも面白そうだ。

 

コメントを残す