米朝首脳会談「合意見送り」

既にご存じのとおり、ベトナムで行われていた米朝首脳会談で両国の合意見送りとなり、予定されていた昼食会や共同文書発表はキャンセルとなった。

詳細な原因は判らないが、少なくとも北朝鮮の提出した核施設リストに最新の施設が入っていなかった事も大きな原因と言われている。北朝鮮は秘密裏に作っている核施設を米国は知らないと思っていたようだが、ITを駆使した今の米国の情報力を侮っていたようで、恐らく北朝鮮の動きは全て察知していたのだろう。

この結果に最も落胆したのは韓国の文在寅大統領ではないか。何しろ北朝鮮への経済制裁が近日中に解ける事を勝手に想定して制裁違反を繰り返し「北との統合でウリらも核保有国ニダ」と強気な政策を続けてきたのが全て裏目に出た訳で、文在寅共々韓国も終わった、というところだ。

その影響は昨日の合意見送り発表直後から現れた。韓国の株式市況は一気に暴落状態となったのだ。

そして本日は‥‥韓国では祝日(三一節)により株式市場もお休み。では日本はというと、今現在前日比250円高で推移している。これは2ヶ月半ぶりの高値であり「韓国、ざまあ・・」という訳ではないだろうが‥‥。

株価下落に加えて韓国銀行が27日に発表した「2019年1月貿易指数と交易条件」によると、先月の半導体の輸出物量指数は、2010年=100とすると437.43で、1年前より2.6%の下落となった。また半導体輸出金額指数は昨年12月に7.9%の下落に転じ、さらに1月には21.8%と下落幅が拡大した。原因は半導体部品が多く使われるスマートフォンの販売が減った上に、グーグルやマイクロソフト(MS)などインターネット企業の注文が減少した為だという。

更に自動車業界ではストの多発で韓国GMやルノーサムソンは韓国から撤退の意思を見せており、造船やプラントも不良品を世界中に売りつけた罰が当たって仕事が無くなり、等等‥‥韓国経済は奈落の底にまっしぐら状態だ。

文在寅の目論見としては前日に米朝首脳会談で北朝鮮への経済制裁が緩和され、半島統一に拍車が掛った状態で勢いに乗っての独立記念日にしたかったのだろうが、そうは問屋が卸さなかった。ハイ、残念でした。ホホイのホーイ。

コメントを残す