桜田五輪相が遂に更迭される

数々の失言で有名な桜田義孝五輪担当相が遂に更迭された。まあ表向きは自民党の高橋比奈子衆院議員のパーティーの挨拶で「(東日本大震災からの)復興以上に大事なのは高橋さん」と言ったのがバレて、これに責任を取り辞表を出したというが、こりゃ事実上の更迭だろう。

桜田大臣といえば今までも数多くの失言にも関わらず安倍首相は擁護していたが、流石に今回は諦めたようだ。それで今までの失言を纏めようと思って調べ始めたら‥‥いやもうあまりにも多過ぎて纏めるを断念!

それでも極最近(2019年)のものを挙げただけでも
・4月9日
石巻市の五輪関連イベントを欠席した事の釈明で「石巻市(いしのまきし)」を3回も「いしまきし」と間違えた。
・3月24日
地元千葉市の集会で東日本大震災について「国道や東北自動車道が健全に動いたからよかった。首都直下型地震が来たら交通渋滞で人や物資の移動が妨げられる」と発言した。→東日本大震災では高速道路が通行出来なかった。
・2月21日
午前の衆議院予算委員会で質問に答える筈が遅刻したため審議が空転した。
・2月12日
池江璃花子選手が白血病と診断された事をツイッターで「ガッカリしている」や「盛り上がりが若干、下火にならないか心配している」と書き込んで炎上する。

という具合で、ほぼ月に1回くらいの感覚で問題を起こしているという、いや、まあこんなオッサンが国会議員とはねぇ。

ところでこのオッサンの学歴を調べてみたらば、明治大学商学部というから、まあMARCHには違いない、と思ったらば何と夜間だった。今69歳と言うからポスト団塊世代くらいで、この頃の夜間大学って‥‥ハッキリ言って誰でも入れるという認識だったが。

まあ世の中学歴が全てでは無いが、国会議員ともなればヤッパリ東大クラスがデフォルトで百歩譲って早慶(勿論昼間の)でしょう。しかも夜間って、と思ったら他にも法政大学夜間という例があったっけ。

コメントを残す