ついに在韓米軍撤収!

6月3日に米国防長官代行が韓国で同国国防部長官と米韓連合司令部をソウルから南方の京畿道 平沢の米軍基地に移転する事で合意したというニュースが韓国メディアから発進されている。

これによって米軍の司令部や第一線の部隊は、ソウル市内の漢江より南にしか存在せず、ソウルより北には米軍が居無くなるという事態になる。

WPPhto190609-1.gif

元々文在寅大統領は韓国軍の戦時作戦統制権を米国から韓国に引き渡すように要求していた。しかし米国は一定規模以上の米国軍部隊の指揮を外国に任せる事はしない。という事は在韓米陸軍は大きく削減されるだろう。元々韓国には米国は海軍と海兵隊を配備されていないし、在韓米空軍はハワイの太平洋空軍司令部の指揮下にあるから、事実上米軍が韓国から撤退するのは間近という事だ。

実は韓国政府はまさか米軍がソウルから移転する何て事は考えてもいなかったようで、この米国の決定は正に寝耳に水だったという。

先月のトランプ大統領夫妻の来日の大成功により、日米の結束の固さを世界にアピールした事は韓国を見捨てるとぞぉ~、というメッセージもあるような気がする。また破綻寸前の韓国の経済状況をみれば、韓国が北朝鮮に吸収される事は充分に有り得る事であり、令和になった途端に世界の情勢が大きく変わるような事態が次々に発生するのも、必然の成り行きなのだろうか。

しかし在韓米軍の撤退何て言う重要なニュースは、本来日本だってトップニュースの大騒ぎになって当然なのだが、テレビ番組表には「路線バスの旅」なんていうのばっかりだ。

コメントを残す