新五千円札の津田梅子は嫌韓ネトウヨだった

2024年度を目途に発行予定の新紙幣で五千円札の顔となる津田梅子は津田塾大学の創始者であり明治維新以降の女子教育をけん引した人物、という事くらいは知っているが実はかなりの朝鮮嫌い、要するに嫌韓だったという話が最近出回っている。

WPPhto190629-1.jpg

その発言には「動物のほうが汚い朝鮮人よりもまし」とか「彼らの習慣は下劣で、何もかもが汚くそして粗野なのです」という文章が残っているようだ。最後には「ある意味で、世界で最悪の国」とまで言い切っている。

ほほーぅ、成る程。実に見る目があると言うか、流石に頭の良い人は違う。これに対して中途半端に頭が良いと、反日左翼的な言動や行動に出て、今の慰安婦問題を強引に穿りだした福島○穂などのようになってしまうのか?

これはもう韓国から新五千円札に津田梅子の肖像を使うのはけしからん、とか言ってきそうな気がする。おっと2024年といえば、文在寅の任期は既に終わっているからその頃は‥‥塀の中か、ハタマタ北朝鮮と統合した後に機関砲で射殺されるか‥‥。

コメントを残す