やっぱり韓国の半導体工場は今月末に停止するようだ

例の韓国をホワイト国から除外して”普通の国”にする処置によりパニック状態の韓国だが、その備蓄が切れるのが1か月先とも3カ月先とも言われているが、どうもフッ化水素は今月中に底を尽き、今月末には工場の操業が止まってしまう‥‥という説が有力だ。

サムスンやSKのCEO(chief executive officer、最高経営責任者)らによると、この場合会社の被害が余りにも大きくなるとして、現在の日韓関係を早急に改善する必要があるとのコメントを出している。ほほぉ~、そんな事を言って、親日罪で捕まらないのかぁ? 何て言いたいところだが、それだけ操業が止まった時の影響が大きいという事だろう。

韓国の考えでは半導体の生産が止まると極端な品不足になり、これらを使っているアップルやアマゾン、そしてグーグル等の米国を支えている企業も大いなる痛手を受けるから、米国が日本に規制を中止させるだろう‥‥なぁんて考えているようだ。

WPPhto190708-1.jpg
国内版SIMフリー Google Pixel3 64GB Not Pink

しかし考えてみれば、日本がフッ化水素の禁輸を表明したのは昨年末であり、そらから半年以上経った今これを実施したという事は、この間に米国は不足分を他の国、たとえば台湾のTSMC等から調達する段取りが終わったと見るのが普通だろう。いや既に台湾では増産体制に入っているかもしれない。

更には若しかして中国とも話が付いているかもしれず、そう言えば極最近のトランプ政権は中国に対する規制を少し緩めているのは、この件で話し合いが付いているとか? 大体、米国に大きな痛手を受けるような政策に知らん顔をしている訳が無い。

こんな状況にも関わらず、文在演も韓国のマスコミも逆に日本に経済制裁するニダ、と絵空事のような事を言っている。韓国が日本に何の経済制裁をするのかしらないが、是非是非やってもらいたいものだ。

実は日本からの制裁は今回の3品目以上に痛手の多いモノがある。例えば産業用精密モーターを製造している日本電産の製品を禁輸したら、韓国内の工場、それも半導体のみならずあらゆる産業の工場の操業を停止させる事が出来ると言う。

あれあれ、それでも未だ夢のような事を言っているのかな。

コメントを残す