野村金融投資が「韓半導体が二週間生産停止なら地球的波紋」だって?

韓国の経済誌「毎日経済新聞」によると
『日本の代表的な証券会社である野村金融投資は、日本の半導体輸出規制の副作用を警告した。主要材料に対する日本の対韓輸出規制によって国内での半導体生産が中断されると、全地球的な問題として波紋が拡散しうるという分析だ。野村金融投資は世界が日本の輸出規制の被害者になりうるだけに、日本の経済報復がより極端な状況に展開する可能性は低いと評した。』

んっ、野村って、野村証券の系列会社か?
実は上記の記事は野村金融投資リサーチセンターのチャン・チャンウォン センター長によるもので、って、はぁ~、センター長がチャンって‥‥。

最近野村証券の社員による不祥事が相次いでいる。例を挙げると昨年では
・営業社員による顧客資金の流用事件
・社員が大麻使用で逮捕された
・若手社員2人が合コンの果てに女性を強姦した
・元社員による架空投資商品売り込みに関する注意喚起の呼びかけがあった

そして野村自体もインサイダー事件まがいと言える重要情報の漏えい・悪用で金融庁から行政処分を受けている。

一体何故に野村証券がこれ程迄に劣化したのか不思議に思っていたが、なーる程。キムチに乗っ取られていたんだなぁ。それなら判る。

それで話を最初に戻して、『韓国内の半導体生産が中断されると、全地球的な問題として波紋が拡散しうるという分析』って、あっはっはぁ、馬鹿かコイツは。実は今、仮想通貨バブルで大量に生産したのメモリーがダブついていて、価格も1/5に下落。サムスンもSKも流通在庫が3カ月ありフラッシュメモリなど収益性の悪いモノは生産中止している状況だから、全地球的な問題何て起こる訳が無い。

それにしても、日本のトップ証券会社の投資シンクタンクの意見が、キムチと糞尿まみれの嘘情報というのだから油断は出来ない。マスゴミが隠れキムチに侵略されているのは感付いていたが、証券業界もそうなのか。

これに国会議員と裁判所と検察と警察、そして官僚も、隠れキムチに侵略されている今の日本を何とか取り戻すには、ハテどうすればいいのやら。

まあその意味では、多くの日本国民が韓国の異常性を知った事は良い事であり、文在演の功績は大きい。あれっ、若しかして、反日の振りして実は日本人に気付かせようとしているとか? でも娘が国士舘大学卒ということは、有り得るかもしれないぞ!

 

コメントを残す