河野外相 駐日韓国大使の発言を遮って「極めて無礼!」と‥‥パチパチパチ

元徴用工訴訟問題を巡り日本政府の仲裁委員会の開催要請を韓国政府が拒否したことを受け、河野外務大臣は19日、南官杓駐日大使を外務省に呼び出したが、この時の状況が公開されている。

そして下の動画の8:11辺りで、駐日大使が相変わらず滅茶苦茶な言い訳をするのに業を煮やした河野外相は発言を遮って「チョッと待って下さい!」と反論は始めた。

河野外相といえばどっちかと言えば”ヘタレ”のイメージだったが、この強気な態度に韓国の大使も驚いただろう。はっ、はっ、はっ、良いねえ。日本の政治家もやっと目覚めたようだ。そしてノーカットで下の画像をネット公開したテレ東も取りあえず売国マスコミ軍団とは縁を切った‥‥ように見える。

まあ悪く言えばチョイとパフォーマンスっぽいが、もうすぐ参議院選挙であり、その意味では今の韓国情勢に毅然とした態度を示せば、この問題から逃げている野党に対して大いなるアドバンテージが得られるという、自民党にとっては文在演様様という気持ちだろう。

話代わって、昨日もう一つの大きな話題は京都のアニメ制作会社への放火テロであり、30人以上の死者を出すという犯罪史上最悪な結果となったが、その犯人の名前がやっと公開されて、それ以前からネットで囁かれていた「青葉真司」だった。この名字が何ともキムチ臭いという事が話題となっているが、真偽の程は判らない。ただし、警察の発表がずいぶん遅かった事を考えると、この名前を公表するために何か政治的な問題があったのではないか、と勘繰りたくなる。すなわち、青葉というのは通名ではないかとか、帰化人ではないか、という疑問だが、まあこれは単なる想像なので、こういう事を書くと直ぐにサヨクが文句を付けるので敢えて書かないが‥‥って、もう書いてるじゃねぇか。

 

コメントを残す