慰安婦像や昭和天皇の写真を燃やして展示した金髪売国奴は何者だ

8月 6, 2019 0 投稿者: B_Otaku

愛知県で1日から開かれた国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の一つとして、名古屋市の愛知芸術文化センターで開催されている「表現の不自由展・その後」には、昭和天皇の写真を半分燃やしたものや、韓国が主張する従軍慰安婦(実は只の職業売春婦)を象徴した「少女像」を展示しているなどで猛烈な抗議が相次いだ事により、「表現の不自由展・その後」は開催わずか3日で中止となった。

この展示場には下記のような注意書きが掲示されていたが、何の事は無い、その禁止した筈のSNSで拡散されて炎上し中止の原因となったという、マルで何処かの国みたいな間抜けさだった。

WPPhto190806-2.jpg

この「あいちトリエンナーレ2019」は国際芸術祭なのだが、今年の芸術監督は何と殆ど無名でなんの実績も無く、芸術家でも無い金髪のアンちゃんだった。

WPPhto190806-3.jpg

この金髪アンちゃん、ジャーナリストというがネット系のITジャナリストというからフリーターの手合いなのだが、いつの間にか朝日新聞の論壇委員とかになったようで、まあ何の持論も無く只左っぽい事を言えば受けるか、くらいの社会主義ゴロだろし、以前「議会のヤジ問題に関するイベント」の司会をした時の参加者は蓮舫、福島瑞穂‥‥と聞いただけで内容が判るというものだ。

また一応大学教授と言っているが期限付きというから、事実上の非常勤講師であり、大学の研究者では無い。

ところで、この展示に関して名古屋の河村知事へのインタビューで
記者「これは反日作品なのか」
市長「誰でもそう思ってる」
記者「それは言い過ぎだ!!」
市長「相当多くのほとんどに近い日本国民がそう思ってる」

って、いいぞぉ河村市長!
ところでこの反日記者はどこの局かといえば‥‥ANNだった。やっぱりねぇ。

WPPhto190806-1.jpg

この中止に関しては当然パヨク達も大騒ぎしている。その例を挙げると
福山哲郎・立憲民主党
「表現の不自由展・その後」が脅迫行為により、中止に追い込まれました。民主主義の基本である「表現の自由」が侵されることは誠に遺憾です。

ふーん、陳哲郎くんも頑張っているねぇ。でもこういう事して喜ぶのは、これが原因で益々野党の人気が落ちるのを何より喜んでいるは自民党なんだけどもねぇ。

その自民党だって一枚岩では無く、中には隠れキムチが潜んでいるようで、これは野党のマトモな議員も含めた政界再編が必要なのだが‥‥。