日本が韓国のホワイト国除外を実施できた背景は?

今回韓国を「ホワイト国」から除外する政令改正を予定通り8月2日に閣議決定出来たのは、従来何十年も続いてきた韓国に対する弱腰の政策を一転したという点では大きな意義があったと言えるだろう。

今回、文在演は「盗っ人猛々しい」「責任は日本政府にある」「相応の措置を取る」などと恫喝してきたが、今の日本の世論はそんなモノに動じないところまで変化している。いや、目出たい事だ。

日本国民が韓国のホワイト国除外に対して如何考えているかというと
産経新聞社・FNN調査:支持するが67.6%、支持しないが19.4%
なお経産省が実施した意見公募では国民の95%が賛成しているが、流石にこれはサンプルが偏っていそうで、それでも少なく見積もっても75%くらいは賛成と推定出来る。

この産経・FNNの結果は、この前まで韓流に嵌っていた無知な主婦などのミーハ-相手でこれだけの支持を得ているという、今までの日本では有り得ない事態だ。このような日本国民の認識の変化は文在演の度重なる暴挙、それも天皇陛下に対する侮辱という日本国民に対して最も言ってはいけない事を言ってしまったり、国際法を無視した判決で日本企業の資産を強奪したりと、これだけやれば幾ら能天気な日本人のオバちゃんだって冬のソナタ(古いねぇ)何て言ってはいられないだろう。

しかし国民は目覚めても売国マスコミの韓国支援は相変わらずで、取り分け朝日新聞の韓国側に立たった論調は群を抜いていて、社説で『韓国をホワイト国から外すのは韓国だけでなく日本経済の足も引っ張りかねないうえ、日韓関係を正す確たる展開もない』と断じて『日本政府は貿易をめぐる一連の措置を取り下げるべきだ』とまで主張している。

もうあの新聞社こそ国民的不買運動をするしかないが、いやもう既に発行部数の多くがが読まれる事も無く再生紙となって行く、いわゆる「押し紙」で凌いでいる状況だから、まあ長い事は無いだろう。しかも今問題の昭和天皇の写真を焼いたものや「慰安婦像」を展示したイベントの”芸術監督”の金髪のアンちゃんは朝日新聞の論壇委員だったっけ。駄目だこりゃ。→「慰安婦像や昭和天皇の写真を燃やして展示した金髪売国奴は何者だ

今回の日本政府の珍しく毅然たる対応は、国民の少なくとも3/4以上が支持している事も大きな支えとなったとは思うが、それよりもやはり米国が裏では認めているからだろう。陰謀論的に言えば、ヒラリーの失脚とトランプの台頭という世界の支配層権力の変化は、世界の枠組みから韓国が不要となった事が日本も方針転換できた最大の理由と想像している。

実際に韓国の半導体製造が止まっても世界の市況は全く困らない方策が考えてあり、このストーリーは1年以上前から実施されていたのだろう。→「6月に米半導体大手が広島工場を拡大済み、これでサムスンの不足分を補える

ところで文在演の言う相応の措置とは何だろう?
韓国が主張している内容を整理して見ると
・WTOへの提訴
→当然ながら全く相手にされず
・日本をホワイト国から除外
→日本が韓国から輸入出来ないと困るものは無い→「韓国「ホワイト国」から日本除外へ、はぁ~?
・日本製品不売運動
→この運動で一番困るのは一般の韓国市民だった
更に日本旅行中止で韓国のLLC(低価格航空会社)は経営危機に→「韓国宅配労組が日本製品の宅配拒否宣言、最大の被害者は一般市民(爆

さて日本の対応だが、フッ化水素なんてホンの序の口であり留めはL/C(信用状)の発行もを拒否する事で、これで韓国は世界中から製品の輸入が出来なくなるから‥‥まあ即死でしょうねぇ。→「韓国がホワイト国除外で一番恐れるのは L/C発行にも許可が必要な事だった

 

One comment

  1. あ~ほんとに息の根止めてほしいですが、その後の難民問題にもしっかり防波堤を構築して頂きたいものです。

コメントを残す