N国党立花党首とマツコデラックスの戦いは面白いぞ!

タレントのマツコデラックス(マツデラ)が「NHKから国民を守る党」(N国党)および党首の立花孝氏を
「気持ち悪い人たち」と評した事で立花氏が激怒し、両者の激戦が始まった。

しかし、まあ、気持ち悪いという面ではどう考えてもマツデラの方が気持ち悪いと思うのだが。最近は見慣れとはいえ、今でも食事時にテレビに出るのは控えて欲しいと思うくらいだ。

しかし最近はマイノリティーやLGBT擁護の風潮だから、うっかりした事を言うとヘイトスピーチと認定されたり、ブログや動画投稿サイドでは削除されたりアカウント停止となったりの今日この頃だが、マツデラが擁護すべきLGBTとは思えないんだけどね。

モノには限度があるでしょう。あれに比べればミッツマングローブやikkoの方が余程マシだし、はるな愛(写真下中央)ならOKで、佐藤かよ(写真下右)なら完全にOKというところかな。

WPPhto190810-1.jpg

今度の戦いが楽しみだが、まあマツデラでは立花氏とやり合うのは能力的に無理だろう。まるで某隣国と日本みたいなもので、こりゃあ楽しそうだ。

そのN国党だが、党首も大したキャラクターだが、最近それ以上と言われているのが、同党から参議院選挙に三重県から出馬した門田節代さんで、その政権放送のユニークさと面白さは傑出している。これをNHKが放送した訳で、一体現場の放送スタッフはどんな顔をしていたのか見たいものだ。

そしてこの政権放送で述べられているNKH山形放送局の苛め問題だが、これは夕方の番組で気象予報士の岡田みはるさんがレポートとは関係ない画像を次々に流されるという、如何考えても単なるミスでは無くスタッフの苛めと思える事件の事だ。

まあNHKの腐った体質のホンの一部が偶然表に出たというところだが、あまりの滅茶苦茶さに日本国民の多くが怒るというのは、あっ、これもあの隣国と同じだ。

コメントを残す