韓国が対日灯油輸出を禁輸すれば日本国民は凍える?

米国の大手情報サービス会社 ブルームバーグは『日本と韓国の貿易を巡る対立が深まる中で、韓国が灯油の対日輸出を禁止すれば、日本で燃料費の家計負担が増す可能性がある。』との記事を掲載した。

これによれば、日本の灯油は90%を国内生産で賄っているが、残りは79%が韓国からの輸入だという。そしてこれを聞いた韓国民は例によって優秀な頭脳で「日本の灯油は79%が韓国からの輸入ニダ。これを禁輸すれば今年の冬は日本人を凍えさせる事が出来るニダ」と素晴らしい読解力で大炎上中だとさ、チャンチャン。

しかし中には冷静な韓国民もいるようで、そんな重要な戦略は黙って無いと相手が気付いてしまい、冬までに対策をしてしまう。ここは極秘にすべきだ、という立派なご意見もあるようだ。

さっすがは韓国君、国産90%の残り10%のそのまた79%、すなわち7.9%が韓国からの輸入だと言う事が理解できないようだ。更に何故に少しばかり韓国から灯油を買うのかと言えば、日本はディーゼルエンジンの燃費が良い事と、ディーゼル乗用車が殆ど無い事から軽油が余っている。そこでこれを韓国に輸出しているが、タンカーの復路で空荷にすると不安定なために水を注入するのだが、これが厄介なので韓国では余っている灯油を積んで帰って来るため、というのが韓国から灯油を輸入している理由だった。ようするに錘代わりだった。

と言う事は、韓国が日本向け灯油を禁輸すると軽油の輸入が出来なくなり、物流に必要なディーゼル燃料(軽油)が不足する事態となり、益々韓国経済に打撃を与えてしまうという、またまたお笑い韓国の面目飛躍というところだが、しかし、よくもまあ次から次へと愚策を思い付くものだ。

コメントを残す