韓国が国防支出を急拡大、警戒強める北朝鮮

北朝鮮の国営朝鮮中央通信社(KCNA)は6日の論説で、韓国による新兵器システムの構築は、朝鮮半島の平和を脅かす「許されざる背信行為」と論じた、という。

ではその韓国の新兵器システムとは‥‥
まず予算としては文在演政権として新たに数10億ドルをつぎ込んで、これは09年依頼最大の伸び率という。

う~ん、今年急増という事は、相手は北では無く日本というのはまる見えだから、北朝鮮は別に気にする事も無さそうだが、まあ北としてはこれを理由にイチャモンを付けて少しでも有利に事を進めよう、ってえ事だろう。

それではどんな新兵器かといえば‥‥
垂直離着陸が出来る最新鋭ステルス戦闘機を搭載する空母‥‥
って、「韓国がF-35B 16機搭載軽空母建造へ 日本より大きいの作るニダ」でネタにしたお笑い空母で、それより小さい韓国自慢の「ドクト」でさえマトモに動いて無いのに、あれのどこが脅威なんだぁ?

次に最新鋭イージスシステムを備えた駆逐艦3隻ってのは「【自衛隊 vs 韓国軍】イージス艦」で笑い物にした、発射したミサイルは自動的に一番近い目標である自艦の甲板上のヘリコプターを攻撃してしまうとか、ソナーの保護装置がゴミで壊れるとか、ミサイルを増やし過ぎて重量増で重心が高く不安定、ってマルで急旋回したら転覆した自動車運搬船みたいで、これは韓国のお家芸だったようだ。

いや、それ以前にイージス艦の運用に絶対必要な支援システムが無いとか‥‥

それ以外にも偵察衛星、対潜水艦ヘリコプター、誘導ミサイル搭載軍艦とかを増強するそうで、勿論これらも全てお笑い兵器なのだが。

コメントを残す