韓国 無年金者が54%

10月 23, 2019 0 投稿者: B_Otaku

日本でも将来年金制度が破綻する危機が指摘され、また支給の目減りに対しても大きな問題を抱えいるが、韓国の年金制度は流石に先進国らしく「日本よりも遥かに進んでいるニダ」。

何しろ高齢者で年金を受給出来ない無年金者が54%と、半分以上が年金が貰えない状況となっていて、日本の3.2%を圧倒している。な~る程、これは進んでいるわなぁ。しかも受給者でさえ二人に一人は月額約46,000円以下という状況だという。日本でも支給額の目減りが問題になっているが、この面でも韓国は進んでいる!

こんな状況だから韓国では50代半ばで退職し、退職金を元手に自営業を始める例が多い。ところが文ちゃんの最低賃金引き上げにより2年間で30%も賃金が引き上げられ、これにより零細自営業は従業員を解雇せざるを得なくなり失業者は増えるし、自営業者も廃業や倒産するという魔のスパイラルに陥っているようだ。さっすがー、文ちゃん。

それでも良い事もあった。これだけ状況が悪いと病人が多発して医療費が増加しているが、それがGDPを支えているという、またまたウルトラ級の政策だった。

ねっ、日本よりも遥かに先を行っている(進んでいる)でしょう!

まだまだ続きは有りますぞ~っ。
韓国の年金資産は多くを国内株式で運用しているために、日本とのゴタゴタもあり株安に転じているから国民の年金資産は大幅に目減りしているという、またまた文ちゃんのグッドジョブ。

これぁ近いうちに軍事革命勃発のような予感が‥‥。