韓国メーカー 発熱インナー開発で日本製ヒートテックを一掃するニダ

韓国のファッションメーカー暁星は12日、子会社の暁星TNCが国内のオンライン・ファッション・ブランド「MUSINSA」と提携し、これまで日本製品が掌握していた発熱インナー市場の攻略に乗り出すと発表した、と朝鮮日報が伝えている。

このニュースに韓国人は「これで日本のヒートテックに勝てるニダ」とホルホルしているという。この発熱インナー「マイヒート」は、暁星の発熱ポリエステル「エアロヒート・エクストリーム」が使用され、糸の中に含まれているミネラル物質が太陽や照明などから光を吸収し、これを熱エネルギーとして放出するという原理だ。

ほほ~、ヒートテックとは全く異なる方式のウリジナルとは、やるじゃないか。

何たって光を吸収して熱エネルギーを放出するっていうんだから、この下着を着ていれば‥‥んつ?下着??

下着って、上着の下に着るヤツだけど。ということは光は上着で遮られるんだけど。それじゃ発熱しない只の下着じゃねぇの?

もしかすると、またやっちまったんかな? これってデカ過ぎて軍港に入れないイージス艦とか、ミサイル積み過ぎて竹島行ったら直ぐ帰らないと燃料が無くなる戦闘機とかと同じじゃねえの。

さっすがはウリジナル。文大統領閣下もお喜びのことだろう。やったねっ!

コメントを残す