現代自動車工場内ではスマホを見ながら組み立て作業している!

12月 12, 2019 0 投稿者: B_Otaku

朝鮮日報が伝えるところによると、政府関係者が現代自動車の自蔚山工場を訪問したら「10人いれば10人が遊びながら働いていた。コンベヤーベルトの動きは本当に遅かった」という。更に作業台にスマホやタブレット端末を置いて、映画やユーチューブなどの動画を見ていて、外部の人の前でもお構いなしの様子に驚いた」とも語っていたという。

ぎょ~っ、ユーチューブ見ながら自動車の組み立て作業って!

工場では車体が回って来ると5~6台を素早く一度で組み立て、その後は暫らく休息しているという、もう信じられない作業状況で、これじゃあ不良品が多くて当たり前だし、こんなメーカーのクルマには恐ろしくて乗れないなぁ。

そんな状況だから、蔚山工場の編成効率は55%で、100人分の作業を200人でやっている計算となり、韓国西江大の教授は「動画を見ながら作業する工場がこの世のどこにあるのか。現代自の国内工場は世界のどこにもない『おかしな工場』だ」と指摘した、って、いやまあ確かに。

これに対して流石に会社側も安全上の問題を理由に作業時間内のWi-Fi遮断を通告し実施した。これに対して労組は土曜日の特別勤務を拒否するなど反発し、結局わずか2日間でWi-Fi接続を復帰させる事になった。労組の主張は労使間合意で決まったWi-Fi使用を突然制限するというのは、組合員を無視した会社側の一方的かつ強圧的な措置だというのだ。

時間当たりの賃金は文ちゃんのお陰で不当に高く、おまけに生産効率は半分で、しかもスマホ見ながら組み立てた自動車に競争力が無いのは当たり前だ。現代自動車は事実上国際金融資本の経営であり、海外に多くの拠点を持っているグローバル企業だから、韓国から撤退を考えているのは当然の事で、お膝元の筈の現代自動車までが撤退するというのだから、外国企業が逃げ出すのも当たり前だ。

それにしても、歴史上にこんな国があっただろうか?