第2次朝鮮戦争 勃発はあるのか?

12月 13, 2019 0 投稿者: B_Otaku

『政治学者でクリントン政権の国防次官補を務めたグレアム・アリソン米ハーバード大教授は12日、日本アカデメイア第1回「東京会議」で、米国との対立が深まる北朝鮮の核ミサイル問題をめぐり「第2次朝鮮戦争が起きる可能性が高まっている」と警告した。』と産経新聞が伝えている。

北朝鮮は年末までに米国に制裁解除を迫るとみられ、その為に北朝鮮が米国本土まで達する大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射や核実験を行った場合、トランプ大統領がミサイル発射台破壊など軍事攻撃を命じる用意がある。第2次朝鮮戦争に至る確率は50%以上では無いが可也大きい、とも語ったという。

戦争となれば今回は北朝鮮が日本の米軍基地を攻撃する選択肢もあるから、これぁ日本としても大事だ。

そうは言っても北朝鮮に日本の基地を核攻撃するだけの兵器と技術あるのだろうか。一見すると発射実験をする度に急速に進化しているようにも見える北朝鮮のミサイルだが、北が独自にそれだけの技術があるとは思えず、まあロシアが順次性能の上回るミサイルを供与して、あたかも急速な技術の進歩があるように見せている、という事ではないだろうか。

となればロシア製の核ミサイルが北朝鮮の名のもとに日本を攻撃する‥‥とう事も無いとは言えない。

何れにしてもロシアがユーラシアを傘下に収めて世界は米ロの2大勢力の元に再編成される、何て言う噂もあり、いやこれは結構真実味が有る。