韓国にもF35の整備拠点を作るニダ

12月 21, 2019 0 投稿者: B_Otaku

韓国は最新ステルス戦闘機F35を導入し、最終的には40機の購入を予定しているが、韓国では整備が出来ない。「【自衛隊 vs 韓国軍】 ステルス戦闘機」参照。

F35の整備は太平洋地域では日本とオーストラリアが行う事が発表されている。日本はFACO(Final Assembly and Checkout Line 最終組立てとチェックアウト・ライン)を三菱重工小牧工場内に設置しており、F35用FACOも少ない投資で実現出来る事が大きな理由という。

それでは韓国はF35を日本で整備するかと言えば、まさか日帝の戦犯企業と言っている三菱重工に整備を委託する筈も無く、そうなるとオーストラリアかアメリカに送る事になる。

そこで韓国は
ウリらも自国に整備拠点を作るニダ
と言っているらしい。

しかし日本は既に前述の小牧のFACOなど十分な投資をしている為に、投資費用を整備費用として他国向けの整備委託費から回収する事が許されるが、韓国はこの面で今まで投資をしていない事もあり、米国や他のF35開発参加国が認める訳が無い。

というか、中国と軍事同盟を結んだり北と併合しようとしていて、おまけに大統領は共産主義者の韓国に、F35の整備拠点なんて作らせる訳は無く、それどころか状況によっては整備拒否という事だって考えられる。

実はその前に韓国はF35を購入することで米国から専用の通信衛星使用権が与えられる、という事になっていたらしいが、米国は知らん顔で今後も引き渡す気配は無いという。ってえ事は、F35を買っても兵器としては殆ど役に立たない!これってイージスシステムを持たないイージス艦(「【自衛隊 vs 韓国軍】イージス艦」参照)みたいなもので、まあお笑い韓国軍らしい。

結局例によって独りよがりのアホ政権丸出しの発想だった。

それより本当にF35を40機も買う事が出来るのだろうか?