Windows7サポート終了前の10への移行

12月 28, 2019 0 投稿者: B_Otaku

言うまでもないがWindows7は来年1月14日をもってサポートが終了する。勿論直ぐに使用できなくなる訳ではないが、Microsoftよりセキュリティ更新プログラムの提供が行われなくなるから、今後はセキュリティ上の問題点が修正されなくなり、使用に関してはリスクが発生してしまう。

という事で、やはり普通のユーザーは使用中のPCを10にアップデートするか、PC自体を最新のものに買い替えるだろう。そして我が家でも当然その対策が必要となり、今年のうちに限を付けようと最近バタバタと対応に追われてしまった。

それで先ずは今このブログを書いたり、また本篇ともいえる車試乗サイトの更新などに使っているメインのデスクトップについてだが、実は2年程前に買い替えた時にOSはWindows10の7ダウングレード版という何やらややこしい名称のものを選択した。これは要するにWindows10のモデルを7にダウングレードして納入されるもので、なぜわざわざそんな事をしたかといえば、使用しているアプリケーションへの対応が確認できないためで、あの時点でうっかりWindows10を導入したらば、動作しなかったり不具合が出る可能性があるからだ。

という事でことで、このPCを10に移行するのはといえば元々10だったものを7に戻したいたのだから、本来の10に戻せば良いだけだ。それで購入時にはWindows10のディスクも付いていた。ところが付属の説明書を確認したら、このディスクではクリーンインストール状態となり、ハードディスクは内容がクリアされてしまい、要するに完全な新品状態だから最悪すべてのアプリケーションの再インストールもあり得るという事で、これは流石に避けたい。

そこでふと思い出したのが、この機種の前に使っていたメインPCは、同じくWindows7だったのだが、ある日突然に朝起きてみたらば勝手にWindows10に更新されたいた。そうあの有名な”事件”だ。あの時は世間でも大騒ぎとなりマイクロソフトジャパンは謝罪し、7に戻るプログラムが提供され、我が家のPCも2時間くらい掛かって7に戻したのを思い出した。

この時Windows10へのアップデートでもアプリケーションや設定は完全の7から引き継がれて、OSのみが10となったのだから、マイクロソフトならば同様なソフトが提供できる筈だ。

という事で調べてみたらばあった、あった。下のURLがそれでだった。
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

これを実行して約2時間くらいで無事にWindows10へのアップグレードが完了し、アプリケーションも全てが完全に引き継がれていた。

めでたしめでたし。

なお上記のサイトからの無償ダウンロードは条件があるのだが、噂によると条件外でも更新プログラムが動いてしまうようで、場合によっては無償でアップグレードできたしまう事もあるようだが、失敗も結構報告されている。という事で、この辺は自己責任にて。

実はもう一台Windows7があって、これは台湾製激安ノートを更に安売りした時に衝動買いしたもので、CPUがCELERONだけに我慢の限界程度に遅い。結局女房がネットを見るのに使っていたが、それなら何とかという性能だ。それでこれは廃棄して新品を買って対応した。CPUはAMDのRyzen5で、インテルのCore i5相当という事なので、流石にCELERONと比べれば雲泥の差だった。

さーてこれで無事に年が越せそうだ。