韓国 ユニクロなどのアプリ利用者増加

韓国ソウル総合ニュースは
『日本の対韓輸出規制強化などを受け、韓国で広がった日本製品の不買運動が下火の兆候を見せている。象徴的なターゲットとなったカジュアル衣料品店「ユニクロ」など日本ブランドのモバイルアプリの利用者数が、不買運動が起きる前の水準をほぼ回復したことが5日、分かった。』
と報じている。

ユニクロアプリは不買運動が本格化した昨年7月から月間利用者数が急減したが10月には上昇し、12月には更に増加した。また生活雑貨店「無印良品」も同様な結果となった。

な~んだ、もう辞めちゃうのかぁ? もっと頑張って不買運動しなきゃだめだろう!

実はオフラインの実店舗では周りの目を意識して日本製品を買いづらいという面があるが、オンラインなら何を買ったか近隣住民も判らないからオンラインのヒートテックセールなどでは大いに販売を伸ばしていた。

結局国民は韓国製のガラクタなんて買う気はなかったが、日本製品不買運動をやっている奴らが煩いので我慢していただけで、ここに来てこれが一気に崩れたという事だろう。何しろ反日姿勢を批判する本が韓国でベストセラーになるというくらい民意が変化している事で、文ちゃんは増々窮地に陥るだろう。韓国軍も文ぢゃんに対して反乱寸前とも言われているし、これぁいよいよ軍事革命かねぇ?

コメントを残す