ゴーン夫人に逮捕状 うわぁ~検察が火病ったぁ!

本日夕方、東京地検特捜部がカルロス ゴーン氏の妻キャロル夫人に逮捕状を取ったというニュースが飛び交った。容疑は去年4月東京地裁で証人尋問を行った際に偽証をしたというものだ。

いやはや、日本の検察はコケにさて世界の恥さらしとなった事で完全に火病ってしまって、わめき散らしながら「夫婦そろってぶち込んでやるぅ~」とか言っているようだ。でも火病って日本人の遺伝子には無い筈だが? あっ、そうか、隠れキムチなら話は解る。やっぱりねぇ。

それでキャロル夫人てどんな人かと調べてみたが詳細は判らなかった。

それでも前夫との間に子供が三人いて、二人は既に卒業して社会に出ているようだ。その勤務先はニューヨークのコンサルティング会社BCG(ボストン・コンサルティング・ブループ)と、もう一人はモルガン・スタンレー‥‥って、あれっ、これって国際金融資本そのものじゃあないのか? もしかしてキャロル夫人ってハザール人とか?でも写真を見ると金髪だよ。ハザール人は黒髪の筈だが。

ところが、ゴーン氏と結婚する前の写真はダークブラウンの髪だった。という事は今のブロンドは染めているということだ。あっ、それにゴーン氏だってキリスト教徒とか言っているが、実はタルムードを信仰している事を隠すためとか‥‥。

もしもハザール人だったとしたら、神の子である民族を逮捕した地検やそれとつるんだ日産などのゴイム達に対して怒り心頭だろうなぁ。やばいよぉ。みなとみらいの日産グローバル本社とか大丈夫なのかぁ? あっそういえば、イルミナティカードの中でも有名な「Up Against the Wall」は

WPPhto200108-1.jpg

あっちゃー、やばいよこれは。
なおイルミナティカードについては
⇒本篇2018/1/16日記「イルミナティカード」にて。

コメントを残す