韓国ファンド発の金融危機が来る?

韓国のプライベートファンドである「ライム資産運用」が非上場企業の社債を買い取る代わりに損失が出ているファンド資産を相手に買い取らせ、投資ファンドの収益率を短期間につり上げる行為に1000億ウォン(約92億円)を投じていた事から、一部の投資家に投資資金を償還できずに問題となっている。

という内容の報道が1月6日に朝鮮日報が伝えていたが、日本のテレビなどで報道されたのを聞いた覚えが無い。それで調べてみたらばネットでもこの事実を伝えた日本のサイトは現在全て削除されていた。

実は韓国のヘッジファンド危機については昨年の10月に韓国最大のヘッジファンドが韓国当局から5億ドルの資産を凍結されたというニュースが報じられていた。韓国にはプライベートファンドが1万個以上もあり、その運用の詳細は誰も判らない状況で、これらの払い戻し中断で1兆5000ウォン(約1380憶円)が凍結されたが、これすら氷山の一角だという。

また韓国は不動産バブル状態であり、これが弾けると個人の破産が多発する危険もあるとうが、これってマルで米国のサブプライム危機と同じじゃないか?
・国を支える半導体製造は日本との関係悪化で材料が入手できず
・自動車産業は労組が強すぎて高額の給与と余剰人員で業績悪化と海外資本の撤退と、THAAD問題で中国での自動車販売の低迷
・造船やプラントは技術の低さと不誠実な仕事がバレて海外事業は全く取れず
などなど‥‥

やっぱり文ちゃんは偉大だ。

コメントを残す