韓国マスクメーカーの労働時間延長を労組が妨害

中国武漢での新型ウイルスパニックでマスクの品薄状態が続いているが、その対応として韓国のマスクメーカー1社に週52時間労働の例外を認めた。

この週52時間労働というのは韓国政府、要するに文ちゃんが週52時間制度というを企業の意見を無視して強引に制定してしまった。さっすがは左翼の文ちゃんらしく、労働時間の削減第一なんだねっ。ところが、そんなことをすれば弊害が出るのは当然であり、その為に必要がある度に申請は必要とは言え、許可がでれば52時間労働枠を外せる事になった。

それで前述のマスクメーカーも申請をしてそれが認められたのだが、なっ、何と、労組はこれさえも阻止すると息巻いている。これにより注文が激増中のマスク需要に対応するために少しでも生産数を増やそうという計画が実施出来ない状況となっている。

中国では勿論現状ではマスクの製造は不可能であり、人道的な支援の為にも韓国でのマスク製造を増産しようという計画にいちゃもんを付けて妨害するという、もう人間とは思えない行動をする韓国労働組合だが、現在2つの組織があり、この二大労組がお互いに如何に多くの組合員を確保するかで競争を繰り広げていて、国が滅びようと、中国の肺炎がどうなろうと知ったこっちゃあ無い状態なのだ。

そういえばその昔の国鉄時代もこれに近い状況だったが、まあ左翼とか労組が力を持ちすぎるとロクな事は無いという事だ。

コメントを残す