中国にマスク300万枚支援した韓国政府、ではなく民間団体だった

韓国政府は1月28日に公式報道資料として「政府はマスク、防護服など医療救護物資をチャーター便で中国に送るなど、協力を継続する計画だ」と発表したが、いつの間にやら政府が300万枚を支援したという話になっていた。

この支援はそもそも中国留学交友総連合会と武漢大韓国総同門会という民間団体が計画したもので、韓国政府は輸送を手伝っただけなのだが、政府は民間団体の話には触れていなかった。う~ん、何やらあたかも韓国政府が全面支援したかのような表現だったようで、何やら怪しい気配だ。

ところが韓国政府が突然に「中国にマスク300万枚支援」という情報を必死に否定を始めたのだった。そして「武漢に緊急支援されたマスク200万枚など医療用品は中国留学生団体の自発的募金活動を通じて準備したものだ」との説明に変わったいる。

何故に急に主張を変えたのか? 実は韓国では国民の間で国内のマスクが品薄で手に入らない状況なのに中国に300万枚も送るとは何事かという意見も多く、加えて中国人観光客がマスクを買い占めて韓国国外へ持ち出しているという批判があることから、政府は「300万枚(*医療用マスク100万枚含む)の支援は民間団体がやったことで、政府は関係ないニダ」と否定を始めたのだった。

まあ政府も政府だが、海外支援をしたら自国の分が品薄になると騒ぎ立て、しかもマスクを増産しようとすれば労働時間延長を妨害するし、もう政府も国民も救いようが無いよなぁ~。

それで我々はと言えば‥‥勿論‥‥非韓三原則遵守!

コメントを残す