中国に行けないクルーズ船が韓国釜山に集まっている

『新型コロナウイルス感染症の感染拡大で中国出発・寄港が全面的に中断されたクルーズ船が釜山港に入っている。』と韓国中央日報が伝えている。

中国寄港が禁止された事で予定に無かったクルーズ船3隻が2~6日までに韓国釜山港に寄港した。3隻とも下船を希望したがウイルス感染を懸念して拒否したために、生活必需品などを供給しただけで釜山港を離れた。

また12日以降も予定のなかったクルーズ船合計3隻が釜山港に入港するが、乗客の下船はしない寄港となる予定だ。しかしその後の予定では2月に4隻、3月に8隻、そして4月には22隻が入港する予定で、これらは乗客が下船して数日間滞在する”入港”であり、下手をすると韓国国内での感染となる危険がる。

しかし韓国としては重要な観光収入であり、さてどうする積りだろうか。

既に世界中から入港拒否されたスルーズ船が釜山港を目指してやってくるという。武漢ウイルス特需とは何とも笑える展開になってきた。こんなパニックでもお笑いネタを供給してくれる韓国には敬意を払おう。

コメントを残す