クルーズ船韓国人の移送計画なし⇒検討に変更

横浜港に停泊中のダイヤモンドプリンセス号に乗船している韓国人は14人(乗客9人、乗員5人)で、韓国政府は当初韓国への移送計画は無い、と言っていた。

ところが、15日には韓国への移送を検討していると発表し、これは方針を変更した事になる。何やら米国政府が米国人の乗員乗客を退避させるためにチャーター機を日本に派遣する決定をしたことで韓国はウリらもチャーター機出すニダ、と方針を変更したという。

しかし乗客9人のうち8人は日本在住者、すなわち在日であり、乗員も5人中韓国在住は2人だけだった。こりゃあ良いあんばいに8人の在日も韓国に引き取ってもらおうじゃないか。たった8人とはいえ、チャンスの度に送還すればそのうち‥‥って、何年かかるんだよ。

それで在日の該当者は殆ど韓国への帰還を希望していないという。そりゃそうだろう。日本に生活基盤があって、おまけに優雅にクルーズ船の旅ができるくらいの収入があるならが、何も韓国に帰る必要はないどころか、かえってロクな事は無いだろう。そして在日韓国人の場合は当然兵役に就いた経験が無い。今現在、在日は韓国での兵役は免除されているようだが、極近いうちに兵役義務が課せられるようだ。

これぁ増々帰りたくは無いだろう。

という事は帰国希望者は乗客1人と乗員2人の合計3人だけとなり、3人の為にチャーター機は無意味だ。という事で今度は軍用機での移送を考えているようだ。おいおい、冗談言うなよ。韓国軍の軍用機を日本に着陸させるのかぁ。自衛隊機にレーダー照射する国の軍用機だよ。

まあ、これはまたひと揉めありそうだ。

【追記】
この件についてその後進展があった。
韓国政府はダイヤモンドプリンセス号に乗船している韓国人4人と日本人配偶者1人を18日午後に韓国を出発する大統領専用機で19日午前に韓国に帰国する予定となった。

ひぇ~、大統領専用機を使うって? それで文ちゃんは人道的見地から専用機を使った、とか言って人気回復を目論んででもいるのか?

まあ相変わらず場違いな事やる文ちゃんではある。

コメントを残す