日本が事実上の軍事衛星「光学7号機」の打ち上げに成功

9日午前、政府の情報収集衛星「光学7号」が種子島宇宙センターでH2A41号ロケットにより打ち上げらえ、衛星は予定の軌道に投入されて、打ち上げは成功した。

今回の7号機は5号機の後継機で、既に設計寿命を過ぎた衛星も含めて8機での運用となる。実は既に2013年に4機体制で地球上の全地点1日1回撮影できる状態になっていた。結局2015年に打ち上げらえた5号機が寿命ということで今回の7号機を打ち上げたが、5号機もそのまま使用するという事のようで、何のことは無い、実は8機体制に増やしたのか? しかし既に8機体制だったという話もあり、結局システムとしての性能をアップしたという事だろうか?

それでこの情報収集衛星とは要するに軍事用の偵察衛星とどこが違うかと言えば‥‥いやまあ、そのう、同じです‥‥。

ただしこの手の衛星は最長1日に1回しか撮影が出来ないために、例えば北朝鮮がミサイルを打ち上げてもリアルタイムで把握ができない。このためには早期警戒衛星が必要なのだが、残念ながら今の日本はこれを持っていない。

それで政府は早期警戒衛星の保有に向けて実証研究を始めるようだが、令和6年くらいまでに検証を行う、とか呑気な事を言っているが、もっと早くやれよ!というか、6年後でも北朝鮮ってあるのだろうか?

まあそれはそれとして、今回の打ち上げ成功で一番焦っているのは自前で衛星を打ち上げる技術の無いお隣の国‥‥という事になる。
韓国は8つも偵察衛星を持っているとツイートした日本人の大学教授

コメントを残す