無料でチャーター機用意して迄も韓国人に帰ってほしいイスラエル

イスラエルに滞在中の聖地巡礼客ら韓国人約1300人に対し、イスラエル政府が費用を全額負担して自国の航空機で帰国を支援する案を検討していると伝えられた。

ようするに費用を全部持つから、直ぐにイスラエルから出てってくれぇ~! っていう事だ。

やれやれ、イスラエルと言えば世界の嫌われ者国家だが、そこからもこんなに嫌がられるってどうなんだ?

事の始まりは22日夜にイスラエルのベン・グリオン国際空港に到着した大韓航空KE957便に乗ってきた韓国人に対して入国禁止措置を取った事だ。事前予告は無かった事もあるが、これに対して韓国外交部が抗議すると、それならイスラエルが全額費用を持つから帰ってくれと提案してきたのだった。

また22日現在で既にイスラエルに滞在している韓国人の短期滞在者は1600人で、イスラエルは自国の航空機を増便して、とにかく早いところ韓国人を帰国させる考えだという。そしてイスラエルの宿泊施設では既に韓国人の宿泊を拒否しているために、現地の韓国人は大騒ぎ。

それにしても大変な嫌われようだが、その理由は勿論新型コロナウイルス対策だが、本当にそれだけか?イスラエルも非韓三原則に目覚めたのではないか?

その韓国の新型コロナウイルス感染者数は24日現在で833人で、21日の104人から700人以上も増えている。それでは日本はといえば、同じく24日現在でクルーズ船乗船者を含んでも850人と、ほぼ韓国と同数だが、勿論クルーズ船乗船者が691人で、これを除けば圧倒的に韓国の感染者数が多く、当然ながら中国に次いで世界第二位だ。

なお日本の感染者には更に厚労省の職員と検疫官7人が含まれている、って、ええ~っ。クルーズ船内の隔離は上手くいっている筈じゃあ無かったのか。神戸大学の岩田先生の指摘(「ダイヤモンド・プリンセスの感染対策の実態を専門家がBBCの取材に答えた内容が凄い」参照)に対して、極端過ぎるのなんのと言っていた厚労省だが、自分たちが7人も感染しているって事は、指摘が正しかった事になる。みっともねぇ~っ。

コメントを残す