米食品医薬品局(FDA)、韓国の新型ウイルス診断キットの信頼度は低い

今月11日に米国のマーク グリーン下院議員(共和党・テネシー州)が下院聴聞会で「米FDA(米食品医薬品局)が韓国の新型コロナウイルス診断キットの信頼性は低く、非常用としても使用承認をしない、と書面で明らかにした」と発言した。

やれやれ、まあ毎度の事だが韓国製品の質の悪さは度を超えている。まあかの国の検査キットを使用しようとした米国もどうかしているが。

これに対し韓国の診断検査医学会は「国内で使用承認が受けられなかったバイオ企業が米FDAに使用承認を申請して落ちたものだ。」と言っているようだが、その真偽の程は判らない。

ところで韓国メディアによると「韓国が丸1日かかる検査をわずか6時間に短縮させる診断キットを開発し、大量生産に乗り出した」と報道している。このキットは韓国の中小メーカーが僅か2週間で開発し、大量生産の体制迄整えたものだというが、ええ~っ、2週間で開発から生産まで完了したぁ~? 2年間の間違いじゃないの。

また韓国では多数の検査を実施していることが致死率の少なさの原因だとホルホルしている。特にドライブスルー検査が功を奏したとしているが、はぁ~、ドライブスルー検査って、返って感染者を増やしたと指摘されている奴じゃないのか?
韓国自慢のクルマに乗ったままウイルス検査するドライブスルー方式がヤバすぎる

しかも日本でも韓国を見習って多数の検査を実施すべきだという意見を言うものまでいる。中には韓国から検査キットを輸入するべき何て言っているが、じょ、冗談はよしてくれ。あんな粗悪な検査キットを輸入して返って感染判定者を増やして医療機関をパニックにする積りかよ。

全く隠れキムチだらけの日本のマスコミは、ここぞとばかりに祖国の為に日本人を騙そうとしている。いやそれどころか、国会議員の中にも怪しいのがいる。それも与野党共に!

コメントを残す