韓国株価連日暴落中でも政府の対策は来週

韓国の株価はKOSPI(韓国総合株価指数)が1週間で210兆ウォン(約18兆5000憶円)も吹っ飛んだのに、政府は即座に対策をする事なく、翌週から始めるという信じられない発表があった。当然投資家や証券会社役員は怒り狂っているが、なんたって文ちゃんだから、これで増々北の経済状況に近づくニダ、という事で、目的は着々と進んでいるという事だねっ。

WPPhto200322-1.gif

投資家たちは新型コロナウイルス騒ぎで韓国証券市場の体力が急激に弱まった事で、政府が証券市場安定化基金発表を待っていたが、経済副首相の発言は「具体的な執行計画はまだ立てていない、早ければ来週にでも発表できるように準備する」という物だった。

ほほ~っ、副首相も文ちゃんの理念をしっかりと理解していて、立派・立派!

同じ週に、前日比で中国(-9.98%)や日本(‐1.04%)は僅かに下げただけなのに、韓国では‐8.4%という堂々のブッチギリでの暴落となり、韓国だけが暴落したのは‥‥勿論文ちゃんの功績だ。

韓国の市場関係者は「政府の支援を受けられない韓国証券市場は、監督・コーチなしに一人で遠征試合をする選手のようなものだ」と言ったというが、成程上手い事言うじゃないの。韓国だったセンスのあるビジネスマンもいるんだねぇ。

えっ、与党だって優秀だよ、って?なる程、共に民主党の李海チャン(イ・ヘチャン)代表何て、韓国人の代名詞みたいな顔付は、見るからに”優秀”そうだ!

WPPhto200322-1.jpg

コメントを残す