韓国カーメーカー、今度は輸出先が無く操業停止

4月 20, 2020 0 投稿者: B_Otaku

新型コロナウイルス騒ぎで中国の部品工場の操業が停止し、車の重要部品であるワイヤーハーネス等の入手が出来なくなり、製造ラインの休止を余儀なくされた(「現代自動車工場、再稼働から1日で部品供給支障で再休業」参照)韓国カーメーカーだが、今度は輸出先経済が麻痺し自動車需要が急減した事による休業に入っている、と韓国メディア(朝鮮日報)が伝えている。

起亜自動車は韓国国内の3ヵ所の工場を23日から1週間停止し、現代自動車も一部の生産ラインを停止して生産調整をする予定としている。海外需要低迷で韓国国内の工場を停止するのは初めてという。新型コロナにより韓国カーメーカーは部品の輸入と共に完成車の輸出途絶えた事になる。

では現代自動車以外はどうかと言えば、ルノーサムスンも韓国GMもいわゆる外資系であり、高賃金とストの多発で完全に存在意義を失った韓国工場は以前から撤退の予定であり、今回の新型コロナウイルスによる世界的な需要低迷が追い打ちをかけて、より早期の撤退となるのではないか。

結局海外から部品を買って、それを組み立てて完成車として、再度海外に輸出するという商売が完全に途絶えてしまった事になる。

現代自動車は今月を乗り切れないという噂も結構出回っていて、成程否定は出来ない状況である事は間違いない。そんな緊急時に文ちゃんはといえば、先日の国会議員選挙で大勝してホルホルしているところで、自動車メーカーが潰れたら国営化するニダ、とか言っているのだろうか?