ソウル市主催の「CAC(Cities Against Covid-19)グローバルサミット2020」 日本からの参加なし

6月 3, 2020 0 投稿者: B_Otaku

 

ソウル市は6月1日から5日まで、世界中の都市の関係者や学者らが参加予定のオンライン会議「CAC(Cities Against Covid-19)グローバルサミット2020」を開く。これは世界から40以上の都市が参加して「ポストコロナ時代」のビジョンなどについて意見を交わすオンライン国際会議だという。

WPPhto200603-1

そして韓国ではこの会議に日本の都市の参加が無いと火病っているようだ。そりゃあそうだろう、韓国の都市が主催する会議なんて非韓三原則に従って無視するしかない。

ところでその40都市ってどんなところ、と思って調べてみたらば
London (UK), Maryland (USA), Jakarta (Indonesia), Moscow (Russia),Talk (alphabetical order) – Ankara (Turkey), Athens (Greece), Bilbao (Spain), Colombo (Sri Lanka), Freetown (Sierra Leone), Guayaquil (Ecuador), Istanbul (Turkey), Kuala Lumpur (Malaysia), Kyiv (Ukraine), Lima (Peru), Muscat (Oman), Tashkent (Uzbekistan), Tehran (Iran), Tel Aviv (Israel), Ulaanbaatar (Mongolia)

ということで、まあこの中では世界的な都市は英国のロンドンと、ロシアのモスクワくらいなもので、あとは米国のメリーランドくらいだが、米国とは言え人口では19位と、決して米国を代表している訳では無い。場所的にはワシントンD.C.の隣だが‥‥。それで世界の主要40都市ねぇ (爆

国際会議というにはあまりにもショボいが、どうせそんな事だろうと思っていた。

まあ、韓国としては自国が新型ウイルスの防疫では世界一と勘違いしているくらいだから、その韓国の首都ソウルが主催するウイルスサミットには世界の主要都市が参加する、とか本気で考えていたんだろうか?

とはいえ日本から参加無しというのは意外で、あのトルエンナーレの愛知県知事なんてホルホルしながら参加するかと思ってたのにねぇ。