東京地裁 NHKが映らない加工のテレビは契約義務無し NHK敗訴!

6月 29, 2020 0 投稿者: B_Otaku

 

産経新聞によると『NHKの放送だけ映らないように加工したテレビを購入した都内の女性がNHKと受信契約を結ぶ義務がないことの確認を求めた訴訟の判決で、東京地裁は26日、請求を認めた。』と言う事で、目出たくもNHK敗訴という事になる。

尤もNKHは例によって最高裁まで争うだろうから最終的な判断には時間が掛かるが、1審とは言えNKHが敗訴したとう事は、裁判所もNHKを見限った事になり、NHKは官僚軍団にも見放されつつある。

さてこの「NHKの放送だけ映らないように加工したテレビ」とは、そそらくiranehk(いらねっちけい)というテレビのアンテナケーブルに挿入して、NHKの信号だけがカットされ、要するにNHKが映らなくなるとうものだろう。

WPPhto200628-3.jpg

ただしこの製品をケーブルに挿入しただけは簡単に取り外せるから、NKHが映らないとは認められないという見解があったが、これに対してテレビの中に組み込んだものをNKHが映らないテレビと認めて契約不要にせと、という訴訟だろう。そして判決ではブースターがなければ映らないのであれば契約義務はない。自分で加工をしたわけではなく、専門知識のない女性に復元は困難だ」とした。

ハッキリ言って、NHK受信料問題はスクランブル化する事で簡単に解決するのだが、NHKは絶対のそれをやろうとしない。なぜなら、今のNHKの番組内容では多くの国民はスクランブル化でNHKとは契約しないだろう。要するに金を払ってみる価値無し!という程度の低い、しかも偏向した番組を垂れ流して、しかも職員の給与は民間の平均に対して数倍以上も払っている。これじゃあ本気で良い番組を作ろうという気迫は生まれず、折角の高給を逃したくないから無難な番組を作ってお茶を濁すという事になる。

さてこうなると中国共産党と韓国とNHKでは、崩壊の順序はどうなるのだろか?

まあ高みの見物と行こうか。

なおソニーはNHKが映らないテレビを出しているのは流石だが、割高で使い勝手が悪いのが難点だ。⇒SONYがNHKの映らないテレビを発売!