護衛艦「いずも」のF-35B搭載化に中共ビビる

7月 4, 2020 0 投稿者: B_Otaku

 

中国のニュース系アプリ「今日頭条(Jinri Toutiao)によると、日本の海上自衛隊護衛艦「いずも」はステルス戦闘機F-35Bを搭載できるよう改修中だが、これが完成すれば「完全な空母」であるとして、日本は空母を保有して「平和憲法に抵触しないのか」と批判する記事を掲載した。

これこれ、いずもは空母ではなく自衛艦だって言っているじゃないかぁ。
護衛艦いずも空母化

また『海上自衛隊が保有する艦艇のレベルや装備は世界最先端であり、イージス艦も複数配備されているほか、日本の対潜能力は極めて高いというのに、さらにステルス戦闘機の搭載が可能な空母を保有するというのは「日本の平和憲法に抵触するのではないのか」』と疑問を投げかけている。

おいおい、日本がそんな余計な軍備に金を掛けなくてはならないのは中共への対応の為であり、ようするに「お前らが原因だ!」って言う事だ。

加えて『改修後のいずもは12機のF-35Bのほか、オスプレイやヘリコプターなども運用可能になると見られている』と主張し、『艦載機を見るだけでも空母となったいずもの作戦能力の高さが見て取れる。日本がいずもにF-35Bを搭載すれば、中国の空母「遼寧」や「山東」は「劣勢に立たされることになるだろう。なぜなら「遼寧」や「山東」の艦載機はF-35Bに比べて性能が劣る「殲-15」だからであり、F-35Bと殲-15が仮に交戦しても、殲-15が劣勢にあるのは間違いないからだ』と論じている。

いやまあ、遼寧や山東が使い物にならないのは公然の秘密であり、艦載機云々以前にまともに発着艦が出来ない代物たのだが。
【自衛隊 vs 人民解放軍】 航空母艦

あっ、それから中国のステルス戦闘機はF-35のコピー商品であるJ-31が最新鋭だが、2機製造されたというが、使い物にはならないようだ。
【自衛隊 vs 人民解放軍】 ステルス戦闘機

なお殲-15(J-15)は空母用艦載機であり、50機が製造されたというが、ベースはロシアのSu-33で、ロシアではSu-33の模造品であり性能は劣ると馬鹿にしている。まあ、その前に艦載機と言ってもまともな空母が無いのだが。

WPPhto200704-1.jpg

てな訳で、実際に尖閣で揉めて日本との戦闘になったらば、中共はあっという間にボロ負けというのも公然の秘密だが、それを言えば中共以上に日本の売国左翼などが煩いから、中国の空母の脅威を強調しているんだろうなぁ。何故か左翼は軍事とか兵器についての知識が乏しいから騙すのは簡単だ。それに左翼はこれまた何故か文系が多いような気もする。まあ数学や物理がマルで駄目でも司法試験は受かるのだろう。