日・英・豪・欧など世界27ヵ国が香港の自由声明 韓国は参加できず

7月 7, 2020 0 投稿者: B_Otaku

 

米国は中国の香港国家安全維持法制定強行に対して「今後、香港を中国と一体制として扱うだろう」と明らかにし、日本や英国等27ヵ国も「香港の自由を保障せよ」と国連で声明を出した。

加えて米国議会は政治的弾圧が懸念されている香港の住民たちに難民の地位を与える「香港避難先法案」を発議し、香港で政治的迫害を受けた、あるいは受ける恐れがある香港の住民に、米国務省が人道主義の観点から難民の地位を付与することにする。

日本、英国、豪州、カナダ、ニュージーランド、ECの27ヵ国は「中国と香港政府が法施行を考え直し、香港の住民たちが享受してきた自由がこれ以上侵害されないよう促す」との声明を発した。

さてこの27ヵ国には、彼の国は入っていない。これは中国に忖度して参加しなかったのか?韓国の保守系マスコミは不参加と言っているが、27ヵ国をみれば、要するに”先進国”であり、自称G7参加予定の夢を見ている国はお呼びじゃ無いのだった。すなわち不参加ではなく、最初から蚊帳の外だったのだ。

ところで、相変わらず猛烈な水害に襲われている中国だが、普通の国がこれだけの災害を被ったらば、世界中から救済の手が差し伸べられるのだが、何たって今の中共政府は悪魔の化身である事がバレてしまったから、世界中から相手にされず。

更に更に、大洪水、中共ウイルス、バッタとイナゴ‥‥に加えて、新型豚インフルエンザが再発生しているというオマケが付いてきた。新型豚インフルといえば2009年に突然大流行したがその後なりを潜めていた例のヤツで、これが中共で再流行を始めたのだった。

相手にされずと言えば彼の国もそうだった。そしてその北側の兄弟国は、勿論国連から制裁の対象になっているし、まああの3国は今や世界の足を引っ張るお荷物になっている。

とは言え、その3国が日本の隣にあるのだから、これぁ困ったものだ。