日・中・韓の高速ミサイル艇 その3 日本

7月 8, 2020 0 投稿者: B_Otaku

さて日本の自衛隊はというと、はやぶさ型ミサイル艇という高性能な高速艇があり、主要スペックを以下に示す。
排水量:200t、全長:50.1m、全幅:8.4m
主機:ウオータージェット3基 ガスタービンエンジン 3基 16,200馬力
速力:44kts 、乗員:21名
エンジンはGE社のガスタービンエンジン(5,400馬力)をIHIがライセンス生産したもので、これを3基搭載する事で16,200馬力という恐ろしい出力を発生し、速度はダントツの44ktsで、中国の36ktsを圧倒している。では韓国に対してはどうかと言えば、エンジン故障で動かない相手とは速度比較は出来ないのだった!

WPPhto200708-1.jpg

ところがこのはやぶさ型は6隻が建造されただけで、なんだかチョイと少ない気もするが‥‥。

ただし、自衛隊はぶっちゃけ軍隊だから、平時にこれが出ていって中国船を蹴散らしたら戦争状態になってしまうから、ここは海上保安庁の出番という事になる。これは中国でも同様で、日本漁船を追い回している船舶は側面にCHINA COAST GUARDと書かれている。要するに人民解放軍ではなく中国海警局の所属という事だ。

それでは海上保安庁(海保)にもはやぶさ型と同等艇を配属したら、何ていう意見も散見するが、あれは高価(一隻94憶円)過ぎるし、海保はミサイルも必要ないと言う事で、実は海保には「つるぎ型巡視船」というはやぶさ型に近い大きさと高速性能で価格は23憶円と圧倒的に安価な船がある。スペックをまとめると
排水量:220t、全長:50.0m、全幅:8.0m
主機:ウオータージェット3基 ディーゼルエンジン 3基 15,000馬力
速力:40ts

WPPhto200708-2

つるぎ型は6隻が運用されているが、まあこれもチョイと少ないんじゃあないの?というのもつるぎ型は2001年から2005年に竣工されており、当時は中共がこれ程の力を持っていなかった事から、北朝鮮の不審船追跡が主な用途だったためにこのような体制になったのだろうが、これは現在の状況にそぐわない。

と言う事で、性能的には日本の高速ミサイル艇は中・韓を圧倒している事が判明したので、隻数不足はあるが、まあ大きな不安は無いだろう、という事にしておこう。