韓国 世界初時速1000キロ 夢の列車大成功ニダ

11月 14, 2020 0 投稿者: B_Otaku

 

韓国鉄道技術研究院が11日、超高速列車「ハイバーチューブ」で時速1,000キロメートル以上の速度を確認したと発表した。これには韓国中がホルホルして大騒ぎ!

ほっほ~っ。韓国にはそんな技術があったのか。しかも突然の発表。時速1000キロと言えば、ジェット旅客機並だ。

技術研究院は早ければ2022年にも実証研究に着手し、約10年間で実際に人が乗れるトラックと車両を開発する計画だ。って、今回の実験車両は人が乗れないのか。でも世界初らしい。

その記事では『技術研究院は実際の大きさの17分の1サイズのチューブ空力試験装置を世界で初めて開発した。』

んっ? じゅ、17分の1。模型って事か?

いや写真で見れば模型というよりも単なる実験装置じゃないの。これゃ人は乗れないや(爆

韓国の高速列車といえば、既に6年前に600km/h級高速列車を開発中で、試験走行では時速421キロメートルを出したとホルホルしていたが、あれはどうなったのだろう。
本篇日記2014/12/19(Fri) 韓国が600km/h級高速列車の開発?!

調べてみたらば当時営業用の線路で実験走行しようとしたが、300キロ以上に耐えられず、また架線も電力供給が出来ないので自慢の高速性能は実証できず。

あれあれ、日本ではリニアのように大きな予算をかけて専用実験線を作るのが当たり前なのに‥‥。それでも韓国では海外に売ればいいニダ、とか言っているが、自国で実用化されていない韓国製の超高速鉄道を導入する国なんてある筈も無い。

そして今度はメゲずに「韓国型2階建て高速鉄道車両」を開発するのだそうだ。2階建てって、日本ではとうの昔に実用化されているが‥‥?

そう言えば約450億円を投入したと騒いでいた『韓国型磁気浮上式列車』はどうなったのだろう?