ペロシ下院議員 自宅の脅迫落書きは自作自演か?

1月 5, 2021 0 投稿者: B_Otaku

 

極左で有名な民主党のナンシー・ペロシ下院議員に対して、1月1日に何者か(アンティファと言われている)が彼女の自宅ガレージのシャッターとその地面に落書きと豚の頭が置かれるという事件が発生した。

―――――――――――――――――――――

【和訳】
狂った人間は、ナンシー・ペロシの家にブタの頭(を置き)&落書きをした。
ぞっとするような。
@FogCityMidgeは正しい。
報道は、無視している。
私は丁度5分前にこの写真を撮った。
奴らはそれをすっかり覆ってしまった。
ペロシのような民主党員は、遅かれ早かれ学ぶ:君達は狂暴な左翼をなだめることができない(事を)。

破壊的特ダネ: @SpeakerPelosiの家は赤いペンキ、豚の頭、スプレーで塗られたメッセージ「2000ドル+取り消し線…家賃のキャンセル…我々はすべてを望んでいる」と落書きされた。市は午前3時に片付けを呼びかけ、警察は現場の写真を止めようとした。メディアは沈黙。
更新:ペロシのガレージ・ドアの上の落書き。彼らは、ゴミ・バッグでそれを隠そうとしている。
―――――――――――――――――――――

という事だが、実はこれに対して自作自演のヤラセでは無いかとも言われいる。

その理由は落書きの「〇にA」の部分がシャッターから外れたレンガの部分にはペンキが付いて無く、これは丁寧にマスキングした事を表している。凹凸の多いレンガ部分は、ペンキを落とすのに一苦労するので、この辺を気遣ったのかな(笑

人の家に脅迫の為に落書きをするのに、丁寧にマスキングするヤツは居ないだろう。

何のことは無い、自分はアンティファの仲間などでは無い事をアピールしての自作自演がバレて、結局藪蛇だったという笑い話のようだ。

バレバレの不正選挙のやり方といい、どうもあの連中はやる事に緻密さが全く無いようだ。