ジョージア上院議員選挙 民主党懲りずにまた丸見えの不正実施

1月 7, 2021 0 投稿者: B_Otaku

 

米国時間の1月5日に実施されたジョージア州の連邦上院議員の決戦投票の開票が始まったが、予想通り前回と全く同じパターンの不正がバレバレで行われている証拠が、ネット上で飛びかっている。

例として下の画像は40%開票時の速報で、共和党のDavid Perdue候補が得票率45%、得票数774,723票だったものが、数秒後に44%、742,323票に減少した。

その後同様に96%開票時に同じくDavid Perdue候補の得票が2,130,535票から2,125,535票にキッチリと5,000票減少している。

また共和党の監視団が裁断された大量の投票用紙を発見している。


【和訳】
私たちのチームはジョージアにいます。彼らは少し散策した。彼らは、デルの箱の中に細断された投票用紙を見つけました。そのうえ警察も来ました。彼らは証拠を写した携帯を没収したかった。これが最初の数枚の写真です
————————————
ハーイ、相変わらずやっていますねぇ。

日本時間で7日0時現在では、皆さまの公共放送がウェブで『1議席で民主党の新人候補が共和党の現職を破って当選を確実にした』とホルホルしながら伝えていた。

またまた同じ不正をやるという、もう破れかぶれの行動だが、こんな事をやらせるのは、若しかして共和党の囮捜査だろうか?

とにかくジョージア州の州務長官は完全に居直っているようで、これで極刑にならなければ世界も終わりだ、というくらいの悪党だが、さて結果はどうなるのか?