米国家情報長官から米上院情報委員会へ外国の選挙干渉に関する機密文書が提出された

1月 8, 2021 0 投稿者: B_Otaku

 

戒厳令を出すための米国家情報長官による所謂ラトクリフレポートは一部が提出済みだった。
【速報】ラトクリフレポートは既に提出されていた!

そして詳細は1月と言われていたが、遂に外国の干渉に関するDNIレポートが議会に提出された。そしてその一部らしきものが公開されている。


【和訳】
情報分析者は、トランプ方針を支えることを避けるために、中国の選挙影響を軽視したと、検査官はわかります
——————————————–

【和訳】
2020年の選挙(それは郵送で行われる詐欺の主張または数百万票を放っている投票機の根拠のない主張に集中しません)の外国の影響に関する情報機関関係者の分類された評価は、木曜日に議会にも付託されました。

12月に予想されて、上級情報当局者が中国によって演じられる役割をめぐって衝突したので、評価は遅れました、そして、全国情報部の非監督として、ジョン・ラトクリフは結局より多くの視点を含めようとしました。
——————————————–
なおこの件に関しては下記のWashington Examinerの記事が参考になる
Intelligence analysts downplayed Chinese election influence to avoid supporting Trump policies, inspector finds
(インテリジェンスアナリストは、トランプの政策を支持することを避けるために中国の選挙の影響力を軽視した、と検査官は発見した)

さて、いよいよ戒厳令が実施されるのだろうか?
バイデン一味は寅さんを強引に罷免して逮捕するという画策を練っているようだが、もうこうなれば出来るだけ早い時期に戒厳令を発令する事が必要だ。って、そんなことは超優秀な寅さんの弁護士達なら当然判り切っているだろうが‥‥。