アメリカ株式会社は終了しアメリカ共和国が発足する?!

1月 19, 2021 1 投稿者: B_Otaku

 

今ネットの一部で拡散されている表題の事について、これを解説した動画が公開されて話題となっているが、英語の為に日本人にとっては余程のリスニング能力が無いと理解できない。

これに対して「はろーふろーむロングビーチ」というユーチューバーの女性が日本語で解説してくれている。
アメリカ共和国第19代大統領⁉️ 2021年1月17日

動画の長さは約5分で、翻訳部分は4分だが、それでも時間が無いという現役ビジネスマンの読者の為に、以下のように文字起こしをしてみた。
――――――――――――――――――
【文字起こし】
皆さんこんにちは。録画しているのは2021年1月15日です。
今日もそのまま気持ちが折れる事なく、意見を変えずに頑張って、という動画です。
今から情報を読むので聞いてください。

平和的な政権の意向が行われます。
トランプは1月20日、アメリカ合衆国の第45代大統領には就任しません。
トランプは復活した共和国の第19代合衆国大統領として3月8日に就任します。

説明しましょう。
皆さんはアメリカ合衆国という国で暮らしていると思っていますよね。
この国家は1871年以降存在していません。
国である事を止め、シティ・オブ・ロンドンに所属する企業となりました。
アメリカの国旗で、ティルトとフリンジの部分が金色の旗は、企業の旗で国の旗ではありません

だから、皆さんは経済的に前に進む事が出来ないのです。
だから、お金持ちやエリート達が、殺人やそれ以上に酷い事をしても捕まらない一方で、法律が普通の市民の役にはたたないように感じるのです。
JB、KH、MP、NP達が、1月20日よりも前に逮捕されたら、大統領になれる人は一人も居なくなります。
トランプも議会から大統領の勝者として認められなかったので、大統領の地位に留まることは出来ません。
1月20日の時点で、誰も大統領になれない場合は、企業としてのアメリカ合衆国は解散となります。
その場合には、移行期の間は軍部が国を守る事になり、人々は選挙が外国によって盗まれ、トランプが圧倒的に勝利した事を疑う余地のない証拠を、見せられる異になります。
トランプがアメリカ合衆国の第19代大統領に就任します。
アメリカが企業になってしまう前に選挙で選ばれた大統領は、ユリシス・S・グラントでした。
共和国が復活します。
これについての詳細は知らないけれど、究極のゴールは1871年の国の企業化を破壊する事と、アメリカを憲法の元での人民に取り戻す事です。
これからの1ヶ月半は混乱するので、水、食べ物、薬品など必要な物を備えるようにして下さい。
ナショナルガード・州兵と海軍に協力するように。
彼らは企業では無く、国に誓っています。
皆さん、安全に気を付けて、祈っていて下さい。
あなた達の国が、あなたたちに返されます。
――――――――――――――――――
勿論、この話を信じるも信じないも読者の判断次第だ。

なお、英語版のオリジナル動画は
https://youtu.be/0TVoLVrDIH8

ところで、フリンジの付いた合衆国国旗とは

対する、本当の国旗は

因みにひらり婆さんが使っているのはこれ。

あれっ、フリンジが無い?
実はこれ、よく見ると★が逆さまになっている。これは悪魔の星条旗と言われているもので、まさにDSである事を宣言しているようなモノだ。

おおっ、これは判りやすい。

そう言う事だったんだ!