連邦国会議事堂暴動で殺された警官の話はNYタイムスの捏造だった

2月 17, 2021 0 投稿者: B_Otaku

 

1月6日に国会議事堂へ暴徒が侵入した事件で、ニューヨークタイムス(NYT)は『寅さんの支持者が警察官を消火器で殴打し、血まみれの警察官は急いで病院に搬送され、生命維持装置に入れらたが、翌日の朝に死亡した』と伝えた。

この話は論争無しでジャーナリスト、議員、政治専門家、そして普通のアメリカ人の言葉にすぐに浸透し、CNNは事実として何週間もこの報道を繰返していた。そして民主党は寅さんを非難し、弾劾へと弾みをつける事になった。

ところがどっこい、実はこの警察官が消火器のような鈍器の外傷で死亡したのでは無く、別の死因だった事が判明した。
The Times’ Superspreader Lie About Officer Sicknick
(情緒不安定警察官についてのタイムズの嘘、超拡散)

というのは警察官は暴動の後に体調が悪いと兄にメールを送っており、警察によると死因は脳卒中だったという。要するに乱入の警備はしていたが、これが終了した後に脳卒中の発作を起こして死亡したのだった。

これに対してNYTは10日に訂正記事を出している。が、それは殆ど報道されていない。結局、この訂正を伝えたのは保守系のマイナーなメディアのみだった。
New York Times retracts claim that Capitol police officer was killed by Trump supporter with fire extinguisher
(ニューヨークタイムズは、国会議事堂の警察官が消火器でトランプ支持者によって殺されたという主張を撤回します)

要するにこっそりと訂正記事を出して知らん顔という、マルで朝日の従軍慰安婦捏造記事と同じ処理の仕方だから、極左のやる事は世界共通だったようだ。
慰安婦誤報の元朝日記者が韓国から賞金100万円を受けて「光栄です」だと!

ところで、この誤報を梅ちゃんは知ってか知らぬか、弾劾裁判敗訴後に殺された警察官云々の話をして、敗訴が不当だったと言っていたようだが、まあ救いようが無いねぇ。

これが米国大統領? あっ、(仮)だっけ(笑