中古のB777、94機を韓国で貨物機に改造、って また輪切りにして航行中に分解か?

5月 5, 2021 0 投稿者: B_Otaku

 

朝鮮日報によると『世界各地にあるボーイング777旅客機90機以上が、仁川国際空港で貨物機に改造され、再び輸出される見通しだ。』とか。

「見通し」ねぇ?

それによると、イスラエルの国営企業「イスラエル航空宇宙産業(IAI)」と航空整備専門企業「シャープテクニクスK」、仁川国際航空公社が、仁川空港の航空機改造事業への投資誘致に関する合意覚書(MOA)を締結したと発表した。

今回の覚書はIAIとシャープテクニクスKが合弁法人を設立し、2024年から仁川国際空港でボーイング777-300ER旅客機を貨物機に改造する作業を進める、という。

この改造により、2024年から40年までに計8,719人分の良質な雇用が創出されると共に、1兆340億ウォン(約1,000億円)の輸出効果が期待される、とホルホルしているが、本当かねぇ?

丁度最近、韓国で3つに輪切りにして改造されたインドネシアの潜水艦が、3つに分解大破して、乗組員全員が死亡した事故があったばかりで、そんな技術で航空機を改造なんて、聞いただけでもゾッとする。

まあ、貨物機に改造するというから、旅客機とは違い一般人は乗らないのだが‥‥って、そういう問題じゃ無いだろう!

それ以前に、この話、韓国が勝手にその気になっているだけ、だったとか?