フランス検察 ユニクロの仏法人を人道に対する罪の隠匿で捜査

7月 6, 2021 0 投稿者: B_Otaku

 

チョイと遅れてしまったが7月1日、仏メディアは『フランスの司法当局は、中国の新疆ウイグル自治区での人権問題をめぐり、人道に対する罪の隠匿の疑いで、「ユニクロ」の仏法人を含む衣料・靴大手4社に対する捜査を開始した』と報じた。

これに対して2日、ファーストリテイリングは「要請があれば、サプライチェーン(供給網)において強制労働がないことを再確認するため、捜査には全面的に協力する」とのコメントを発表したが、新疆綿を使用している良品計画は「米国や欧州で、当局から何か申し出があることはない」と説明。その上で、「(新疆の産地に対する)4月の監査で重大な違反はなかった。自信を持って新疆の綿を使う考えに変わりはない」と述べ、使用を続ける方針を強調した、と報道されている。

また中共は仏当局のユニクロへの捜査着手に関して、「新疆での強制労働は米国などの反中分子がでっち上げた作り話だ」と主張し、ウイグル自治区を混乱させ、中国を抑え込むのが欧米の狙いだと批判。更に「外部のいかなる勢力であろうと、ウイグル問題を口実に中国の内政に干渉することには断固反対する」と強調した、と相変わらず強気だ。

さーて、このウイグル問題だが、米国か中共かの二者択一でユニクロも良品計画も中共を捨てられない状況で、これはつまり、米国からの強い制裁を受ける事であり、企業としても破滅の道を辿っている、としか考えられないが‥‥。

どうするんだろうねぇ。

まあこれらの企業がどうなろうと、個人的には如何でも良いが‥‥。