九州では線状降雨帯で記録的大雨 では中共は?

7月 10, 2021 0 投稿者: B_Otaku

 

九州、特に鹿児島の一部には記録的な大雨が続いており「各自が命を守る行動を」という呼びかけが行われているという、危機的状況となっている。

理由は例の線状降雨帯が居座っているからだが、となると、あれは西の方から移動してくる訳で、西の方といえば‥‥中共だ。

そこで中共の状況を調べてみたのが下の図で、やっぱり広範囲に雨雲があり、取り分け重慶付近には鹿児島よりも更に広範囲に線状降雨帯が居座っている。

という事は、今頃重慶周辺の長江の流れは大変な事になっているだろう。恐らく、昨年同様に重慶の街の多くが水没しているに違いない。

こりゃ昨年に続いて、神の中共悪魔に対する怒りは収まっていないようだ。しかし、ねぇ、だからと言って日本にまでとばっちりが来るのは勘弁してもらいたい、神様、たのんまっせぇ。

それとも、日本も神の怒りに触れているのだろか?

あっ、そう言えば、先進国で唯一中共の反ジェノサイド決議を出していないのが日本だった。原因はこれかぁ。てぇことぁ、原因は2Fだっててぇ事じゃねぇか。

そう言えば、先週の熱海の土石流の原因となった違法埋め立てをした困った勢力
熱海土石流の盛り土 やっぱり「困った勢力」の仕業だった
は、自民党との繋がりが強かったようだ。

勿論自民党とは言え極一部であり‥‥勿論、2F一派だが‥‥。