東京五輪 テコンドーをテレビ中継しないと韓国マスコミ火病る

7月 25, 2021 1 投稿者: B_Otaku

 

東京五輪にケチを付けまくっている韓国だが、今度は日本がテコンドーをテレビ中継しないと火病っている。

NHKと民放の五輪公式サイトでは五輪期間中の放送で、テコンドーの中継を計画した放送局が一つも無かった。そしてテレビ生中継で編成しなかった競技の場合はインターネットや録画中継で代替するが、テコンドーはそらすら計画が無いと、韓国のマスコミは涙目になっている。

そりゃそうだろ。テコンドーなんて日本では全く人気が無いどころか、そんな競技がある事すら知らないし、事情を知っている日本人は名前を聞いただけで嫌悪感をもよおしそうだ。

このテコンドー、韓国では国技とか言っていて、1988年のソウルオリンピックで公開競技として採択されたが、これはまあ、開催国に対するサービスみたいなもんだ。しかしその後、韓国がIOCに多大なる資金を提供した時期があり、2000年にシドニー大会で強引に正式種目にして以来、現在まで続いている。

実はテコンドーとは言ってみれば空手のパクリであり、しかも空手と比べて実戦には極めて弱い。要するに型を競うらしいのだ。

それで実際に空手と戦った動画があるのだが、最初は一見するとテコンドーが押しているようにも見えるが、実は全然効いていない。そして30秒が過ぎたところから、空手が本気になった瞬間にダウン。何とか立ち上がってからはまたまた30秒くらい適当に打たせておいて、1分頃には瞬時に2回目のダウン、そして更に30秒後のダウンでレフリーストップと相成った。

これって、始まった瞬間にKOではお客さんに申し訳ないので、適当に引き延ばしたようにしか見えないが‥‥。